フィットネスを普段からやっていると、自分の運動内容を詳しく知りたくなることもありますよね。どれだけの距離を走ったのだろう?消費カロリーは?などなど、視覚的に見えると運動管理もしやすくなるものです。そこで、フィットネスを「見える化」させるために、ウェアラブル端末を活用してみるのがおすすめです。

どんな特徴がある端末なのか、どうやって選ぶのが良いのか、ここで基本の情報をチェックしていきましょう。

ウェアラブル端末って何?

そもそもウェアラブル端末とは一体何なのか?これは体に装着する情報端末を指す言葉であり、ウェアラブルを直訳すると、「身に着けられる」という意味を持ちます。歴史的にはまだ浅いものの、すでに沢山のユーザーが使用しているのです。

形状には複数のタイプもありますが、ひとつに腕時計タイプの端末が挙げられます。スマートウォッチという呼ばれ方がされ、今では複数のメーカーから販売されています。先駆けとなったのが、iPhoneやMacでお馴染みのappleであり、apple watch(アップルウォッチ)という名称で知られるところです。

なお、apple watchは比較的高価な部類に入るため、気軽に購入できる存在ではないと感じられ気味ですが、初期費用が気になる人でも安心。安い物ですと3,000円程度から購入することも可能ですので、気軽に試してみることができますよ。

種類も豊富ですから選び甲斐もあるのではないでしょうか。

フィットネスに役立つ機能は?

どのような機能を持っているのか?これは各製品によって違いもあるのですが、フィットネスに役立つ機能としては、歩数計やGPSによる移動記録、心拍数チェックなどが挙げられます。運動を行う上で役立つ情報を提示してくれるのが魅力で、その時の運動内容を数値によって確認することができるのです。

アプリと連携をさせることでより詳細な情報もチェックできます。これまでの運動記録が保存されていますので、視認性の良いグラフで移り変わりを確認したり、情報を元に今後の運動スケジュールを考えていったりすることが可能。

見える化がされることで運動の励みにもなりそうですよね。

日常的に役立つ機能も

フィットネスに使える機能を備えているだけでなく、日常的に活躍する機能があるのも魅力です。例えばLINEの通知もチェック可能。通常、LINEでメッセージが入ってきたかどうかは、スマートフォンで確認をするしかありませんでしたが、ウェアラブル端末を持っていれば、スマートフォンを取り出さずにメッセージの有無を確認することができるのです。

うっかり見過ごしてしまうメッセージもスムーズに気付くことができるため、大事な連絡も逃しにくくなるでしょう。同様に、着信やメールメッセージなども教えてくれますので、連絡を逃したくないという時にもおすすめのアイテムと言えます。

他にも、睡眠管理ができる機能を備える製品もあります。眠っている時にも身に着けておくことで、レム睡眠やノンレム睡眠などのタイミングを確認できるほか、アプリに睡眠情報を記録しておくことも可能です。自分が良質な睡眠を取ることができているのかを知りたいという人もいると思われますが、そうした気になる情報もウェアラブル端末がチェックしてくれるのです。

デメリットもある?

あると便利なウェアラブル端末ではあるものの、いくつかのデメリットもあります。そこがネックとなり躊躇をする人もいるようです。ひとつは端末自体の充電が必要なこと。着けている間も何かしらの機能を働かせていますのでバッテリーはどんどん減っていきます。

また、元々のバッテリー容量が大きくない物もあるため、短い物ですと数日で使えなくなります。GPSといった負担の大きな機能を使えば数時間でバッテリーがなくなることも。当然、電池切れになれば使い物にはならないため、定期的に充電をしなければいけません。

ただ、近頃では比較的長めに使える端末も出ており、手間が気になる場合はそういった製品をメインに考えていくのが良いかもしれませんね。気を遣ってしまうのもデメリットのひとつ。例えばスマートウォッチを身に着けている場合、衝撃が加わらないように、傷を付けないように、などの気を遣ってしまうという人も少なくありません。

電子機器ゆえに慎重になってしまうのも頷けるところです。特にフィットネスの場合は体を動かすということもあって、振動などで壊れてしまうことはないのかなど、気になってしまうこともあるでしょう。便利なはずの端末によって逆に神経を使うようになれば、むしろ不便をきたす存在にもなりかねません。

選び方のポイントその1・製品の信頼性

選ぶ際のポイントは、まず信頼のできる製品なのかをよくチェックしてみましょう。今では安い物も沢山登場していますが、それゆえにあまり品質の良くない物も増えています。誤差が大きかったり、全然あてにならない数値が表示されたりなど、本来の役割を全うできない物もあるのです。

それではフィットネスのお供になるどころか、ただのお飾りになってしまいますので、メーカーの知名度や口コミ情報などをチェックしながら見極めていきましょう。

フィットネスジムの受付のお仕事!バイトに受かるためのコツは?

選び方のポイントその2・必要な機能を絞る

フィットネスに活用をする場合、求める機能がいくつかあるかと思われますが、本当に必要な機能をベースに考えていくのもポイントです。多機能で何でもできるのも魅力的ではあるものの、どれも中途半端な性能だったり、導入コストが無用に上がってしまったりすることも考えられます。

結局使う機能が決まっており、フル活用ができなかったというパターンもありますので、余計な機能がなく求める用途だけに狙いを付けるのもひとつの選び方と言えます。

選び方のポイントその3・防水及び防塵性能がある

汗をかいたり外で使ったりする場合に故障をさせないためにも、防水や防塵の性能が備わっている物を選ぶのも基本。とはいえ、今では多くの製品にこれらの性能が備わっていることが多く、あまり選別をせずとも良いかもしれません。

しかし中には、防水と謳っている製品を使っていたにも関わらず、簡単に水が浸入したなどの声もあります。名ばかりの性能になっていることもあるため、ちゃんと機能する物なのかを見極める必要がありそうですね。

選び方のポイントその4・着け心地の良し悪し

運動中は常に身に着けておくことになりますので、着け心地も意識した方が良いでしょう。スマートウォッチタイプも人気ですが、他にもリストバンド型やクリップ型などもあります。リストバンド型などなら軽量な物が多く、手首への負担になることも減るはずです。

ただ、タイプによって機能が変わってくる部分もあるため、できること・できないことをよく比較しながら選びましょう。